A型自分の説明書など、キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

A型自分の説明書

A型自分の説明書

先だって紹介したB型本と同じ著者による第2弾です。
前作が好評で、他の血液型のも出して欲しいという読者の要望に
よるものだそうです。

例によって、今度はA型の内面を、主観的な語り口でいろいろと
箇条書きしてあります。
けっして整然としてなくて、やや軽妙でユーモラスなところは前作
と同じで、ひととおり目を通してみると、外からはわかりにくい
A型ならではの苦悩やジレンマが多少は見えてくる感じ・・。

とりあえず手にとってみれば、どちらかというと自己主張が苦手で
普段あまり自分語りをしないA型の気持ちに少しは近づけるのでは
ないでしょうか?≪↓↓↓≫

前回、見落としてましたけど、この本独自の仕様として、わざわざ
各項目に読者自身がチェックを入れるように配慮されており、
だいたいその血液型について書き並べてはあるけれど、当然ながら
個人差があるので、
「実際いくつ当てはまるかは、最終的に自分でチェックして、
 自己診断してください」
という、どこまでもユニークな趣向になっているところが実に
素晴らしいです♪

なので、特に血液型は■型なんだけど、星座の方はまるで違う
ことが書いてある・・という風な場合は、一応他のもチェックして
みたら、新しい自分発見につながるのではないかと思います。
(O型、AB型の本もそのうち出るみたいです)

また、最近読んだこちらの本においては、日本人は民族としての
気質でいくと、O型からは程遠い、右脳寄りのBA型という
位置付けをされており、大変興味深く感じました。

こういう斬新な見方もあることですし、もっと柔軟に多角的な
捉え方をしてみるのも面白いかなと思います。


あと、以下は血液型による人間分析について、誤解や偏見のない
よう、申し上げておきます。

以前、TVの「オーラの泉」で江原氏が口にしておられましたけど、
「愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
この場合は、「歴史」ではなく、「先人の知恵・研究成果」とでも
いったらいいでしょうか?

特に恋愛は若いうちからするものですから、自分や他人の心なんて
50・60才ぐらいになってからわかればいいや、とか思ってる
人はあんまりいないでしょうし。

勿論、すぐさま100%の回答を示してくれるものなんて、
どこにもないと思います。
12星座、九星、干支、心理学、脳科学・・血液型にしたって、
「事細かに区分される数が少ないものほど、範囲があいまいで、
個人にあてはめてみた場合、情報としての精度は低め」になるのは
仕方ないと思います。

それでも何かしら、攻略本に相当するものを求めずにはいられない
のが我々人間のサガなのだと思います。

――― 「人付き合い」は一生ついて回るものだから ―――

何でも完璧を求めすぎる人には、けっしてお勧めできませんけど。

≪すぐさま100%の回答を示してくれるものなんて、どこにも
ない≫
と知りつつ、もっと人について知りたい・理解したい、実生活に
活かせるものなら何でもいい‥そういう人には強くお勧めします。
関連記事

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ