「国家の品格」の思想を活かすには。など、キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

「国家の品格」の思想を活かすには。

最終改訂:04/15
先日に引き続き、自己流・感想と考察第2段です。(^^)
この本を読んで、ただ漠然と日本人に生まれて良かったとか、
漠然と優越感に浸って‥それでおしまいにしていたら、何もならないと
思います。

また、間違っても字面だけ追って、日本万歳!武士道万歳!などと解釈
するのも誤りです。
当り障りのない、穏やかな言葉で語っていたら、間に合わなくなるかも
しれない! この国がすっかりダメになってしまわぬうちに‥との切実な
思いから、反発がおこるのも承知の上で、かなり大げさとも過激とも
いえる言葉をあえて使われているのでしょう。
私達は筆者のそうした思いを汲み取って、大仰な言葉の奥にある“本質”
を読みとらなければなりません。

特に、現代の日本社会においては、まず多くの人の陥りやすい勘違い
から正してゆかないといけないと思います。
≪↓↓↓≫

何が勘違いかといいますと、その昔、電気もガスも普及していなかった
時代に比べると、今の社会は非常に便利になりました。
それもこれも優れた先人達の知識と知恵の賜物です。

ただ、私達にとっては、この便利さが当たり前になりすぎて、自分自身
では大した知識もなく、何一つ道を極めてさえいないのに、なんとなく
いつしか自分自身もまた何でもわかっているつもりになってしまっては
いないでしょうか?

なんといっても、科学技術が驚異的に進歩し、権力者だけでなく、
広く一般庶民にも身近なものとなったのは、長い人類史から見れば、
ここ100年ほどのことにすぎません。
それなのに、もはや科学で100パーセント解明されてないものは、
単なる迷信の類として、何も信じない、見ようともしない風潮が強く
なってはいないでしょうか?
まだまだ不完全で未熟者にすぎない自分を忘れ、同じく発展途上に
あるとおぼしき科学をもって、最上の物差しにしてしまっていないで
しょうか?

本当に大切なもの(心や精神性、魂)は、物質界である3次元の科学
では解明できない高次元(霊界)に属するものが多いのだそうです。
本来、自分達が意識を高め、もっと上に上がらなくてはならぬのに、
それができずにいるから、上にあるものを無理に下へ引き下ろそうと
ばかりしているように思えます。

「高次元(霊界)なんて信じない!」と言い切るのも各人の自由です。
ただし、真実は常に一つ。あるかないかのどちらかです。
あると思って生きるのと、ないと思って生きるのと、どちらがより人間
らしい生き方ができるかを、じっくりとよ~く考えてみてほしいのです。

「自分だけじゃない、周りの人もそうだから」とか、言い訳にしている方は
よくよく考えてみてください。あなたがなんとなく同調してしまっている
人達は、物質的にも精神的にも共に豊かで、お手本としてよい人達で
しょうか? 5年先、10年先の未来も何の心配もいらないような生活を
しているでしょうか?
もし、いるとしてもおそらくは、今の日本の中ではほんの一握りぐらいしか
いないのではないかと思います。

「国家の品格」における武士道精神とかいう記述にピンとこなかった人は、
特に、人として幸福に生きるということ=「人としての道を修めること」
について、よくよく考えてほしいと思います。

どのような思想や信条を選択するのも個人の自由です。
ただし、自由だからこそ、選びとった後の責任は全部自分自身に
かかってくる
ことをけして忘れてはいけないと思います。


それと、現代社会に広く浸透している民主主義について。
大昔の君主制に比べたら、断然今の民主主義の方がいいのだろうけど、
「国家の品格」の著者は、その民主主義にも致命的な欠陥があることを
指摘しています。
それは主権者である国民の意識の問題です。国民が成熟した判断をする
ことができなければ、社会もたちまち混迷するからです。

また、民主主義に欠かせないものとして掲げられる自由にしろ、人の数
だけそれぞれの自由があり、互いに多少の辛抱と譲り合う美徳なしには、
自由と自由との相克ばかりが強まり、秩序や安定が著しく損なわれて
しまいます。

実際、アメリカでは自由を主張するあまり、互いに譲らぬ風潮が強い為、
些細なことでも裁判沙汰→徐々に訴訟大国になってしまっています。

その他にも、家族愛・郷土愛・祖国愛などといった愛の重要さも
戦争の抑止力になりうるとして、強く訴えられています。
ただ近頃は、ストーカーが問題視されているように、男女の愛にしろ、
愛という名の下でなら、どんな身勝手も許されるのだと勘違いしている
人が多いようです。

愛は愛でも「もらう愛」「奪う愛」は動物並みで、見返りを求めない
「与える愛」こそ人間的な愛です。愛に飢えている人は特に、その辺の
違いを知ってほしいと思います。
女性といえども自分が幸せにしてもらうことのみ、考えているうちは、
かえって幸せを遠ざけてしまうことになると思います。

それともう一つ、我が子へ愛を与える暇(躾けも愛です)すら物惜しみ
する若い親が多いそうですが、与えるべき時に充分に与えず、先送りに
すると後でとんでもなく大きなツケとなって降りかかってくることに
なると思います。(親の責任は生涯ついてまわりますから‥)

とにかく、人は若い頃ならいざ知らず、社会に出て、忙しさに追われて
いるうちに、いつの間にかあれこれ自分で深く考えるのが面倒になって
しまって、思考停止したまま楽な方、楽な方へ流されてしまいがちです。

ですからなるべくなら、実社会へ出るまでに≪何の為にヒトは生きるのか、
人生の羅針盤となるモノ≫を自分なりに見出してほしいと思います。

「バレなければ、何をしてもいい」とか「他人の財産をかすめとっても
かまわない」とか、≪因果の法則=やったことは必ず自分に跳ね返る≫を
知らず、自分を粗末にする人が多いからこそ、他人の迷惑を顧みない、
耐震偽造や俺々詐欺、スパムメールに至るまで、近年ニュースを賑わして
いる数々の心無い所業を招いているのだと思います。

今の日本の現状を見て、このままでも大丈夫と思っている人はあまり
いないと思います。実際に何が最良策かは一概にはいえないでしょうけど、
今からこのようにあれこれ対策を考え、様々な提言をしておくことは
けして無駄でないと考えます。

特に少子化が進めば、納税者が減ることになり、一人当たりの負担が
今よりもずっと増すか、そうでなければ医療など公共サービスの低下か、
あまり歓迎できない事態になるのは目に見えています。

社会の腐敗を防ぎ、真に優秀な人材を増やすには、やはり教育の根本を
(特に知識を詰め込む以前の・・)見直すしかないでしょう。
筆者は自身に一番身近なものとして、武士道を強く奨励してますけど、
奢らず卑屈になりすぎず、ヒトに生まれてきたことに感謝できる教えで
あれば、別に宗派を問わず、占いでも成功哲学でもかまわないのでは
ないかと思います。

この本を読んで、日本人であることで、多くの恩恵を得ている部分が
山ほどあるのを知り、もっと真剣に幸福になる努力=上を目指す努力を
しなければいけないな~と思いましたね。
自己探求にしろ、自分の活かすべき長所は何か? 正すべき短所は?

私自身も、日頃根本的な取捨選択をおろそかにしすぎてるせいで、
かえって無駄な買い物や無駄なことに時間を費やしてたり‥。(^^;
生来の不精者だし、なかなか実行に移すのは容易なことではないけれど、
その都度多くの挫折を味わおうとも、あきらめずにいれば、敗者復活も
ありだと思います。

ただ、やはり人としての恥とか名誉とか、これを捨てたら動物と同じに
なる‥という根っことなる見識は、いかに多忙な日々を送ろうとも、
誰もがどこかに持っていなくてならないと思います。

~幸運を引き寄せる魔法の言葉~
ありがとう・感謝します・ツイてる~♪
ポジティプな言葉を口癖にする=ホントに言ったもの勝ちだそうです♪
関連記事

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ