ヘナでシャンプー&白髪染めで日々爽快♪など、キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

ヘナでシャンプー&白髪染めで日々爽快♪

実はヘナを使い出したのは去年の11月頃。
生え際や頭頂部の白髪がちらほら目立ち始めて、ごまかせない
ほどになってきたので、某口コミサイトなどを参考にあれこれ対策
を模索した結果、ヘナを使ってみることにしました。

なんといっても意外だったのが、ダイソーにある100円のヘナが
けっこう使えるという話。
半信半疑ながら、いろいろ使い方をリサーチして、まずは練習
がてらダイソーヘナを試してみたのです。
失敗しても100円ならダメージ最少で済むし。(笑)≪↓↓↓≫

そうしたら、これが大正解♪ とにかく頭皮の爽快感がたまら
なくって♪

これで安価で身体に無害で、むしろ浄化作用(=体内の毒素を
排出してくれる)があるのなら、嬉しい限りってことで、さくっと
それまでの石鹸シャンプーからヘナに乗り換えたのでした。(苦笑)

(注:どちらかというと、こしのない猫っ毛タイプ向き。長年ケミカル
な毛染めでダメージ大きい人や硬くて多毛タイプだと当初苦戦する
かもしれません)

ただ、手間はかかります。特に染めることを主な目的とした場合、
準備からいろいろありますし。

私の場合、幸いにも白髪の割合は全体の1割程度だし。
白髪だけがほんのり染まり、見た目いい感じに誤魔化せて、
かつシャンプーの回数を減らしたい、ズボラな人間には超お勧め
ですね♪

石鹸シャンプー時代は、1週間もたせるのが正直辛くて・・
どうしても5日も経てば、頭皮が痒くなるってのがあったけど、
ヘナにしてからは、余裕で1週間もつようになりました♪

結局、全体染めをしたのは、最初の数回程で、あとはプチパック
というか、シャンプー兼トリートメント感覚でお風呂場でざっと頭
に塗り、薄手のボディタオルを巻きつけ、その上からヘアキャップ
をかぶって、身体を洗ったり、ゆったり湯船に浸かって20分程
置いてから、洗い流すパターンで落ち着いてます。

それというのもヘナを始めてから、さほど白髪が増えてないもので。
(・・特に3月以降、雑穀のキヌアを食べ出してからかな?)

最近はもっぱら「香る髪」というヘナがブレンドされたハーブシャン
プーと、ヘナのプチパックとを7日置きに交互にやってます。


「香る髪」(ハーブシャンプー)もヘナも基本粉末なので、「香る髪」
の時は、百均で売ってるボトルに粉を大さじ1~2杯入れて、
お湯を100cc足して、シャカシャカ振ります。(こちらは頭皮全体
に行き渡らせた後、身体を洗う間・・5分ほど放置で流してます)

ヘナのプチパックの時は、大きめのプリンの空容器に百均の
ミニ泡だて器を使い、発色を良くするため、当日の朝か、前日に
あらかじめインディゴを含まないヘナのみの粉大さじ1程度を
溶いておき、数時間寝かせておきます。

ニオイ対策にユーカリやローズマリー、カモミール3%希釈オイル
等を数滴と、発色を促す鉄分を含んだシナモンを少量加えるのが
ポイント。(使用直前にダイソーのブラウンヘナやIPM社の
ハーバルブレンド、インディゴ等を追加して再度溶きます)

あと色止め用として、ダイソーのレモン液。(洗面器2杯分の
お湯ですすいだ後、レモン液でいったん色止めするとラクです)

手指や爪が染まらないよう、ぷにぷにタイプの使い捨て手袋。
毛染め専用のヘアキャップなども用意しておく必要があります。

こういう準備がちょっと面倒なんだけど、それでもヘナパックを
した後の爽快感がなんともいえない気持ちよさなので、2週間に
一度だし、懲りずに毎回やっております。(^^)

そうそう、数種類もの粉の扱いを少しでも楽にするため、
見つけたのが、タケヤのフレッシュロックという調味料入れ。
専用スプーン付きでワンタッチで開閉でき、密封状態で保管
できるので、助かってます♪


以前「経皮毒」という本を読んで以来、歯磨き粉などラウリル
硫酸系不使用のものに変えたりしてるので、頭皮にもなるべく
危なくないものをってことで。

その後、すっかりインドハーブの世界にハマり、アーユルヴェーダ
の目薬とか、お茶、サプリメントなど愛用するように。
特にアシュワガンダを飲むようになってから、更年期のめまいが
だいぶ改善しました。(^^)

あとコルダービンという粉末のココアみたいにお湯で溶かすだけ
の飲み物。
春先の昼夜の温度差が激しい時期に、何度か朝からちょっと
喉赤くなってたんですけど、いつもの青汁にコルダービンを少量
混ぜて飲むだけで悪化を避けられ、随分助けられました。

※大量に余った石鹸シャンプーは現在はお風呂用洗剤に。
パックスナチュロンのリンスだけは、ヘナの後に仕上げに使用中。
ただし、「香る髪」の時は、アムラという粉を溶いてリンス代わり
にしています。いずれもリンス時は、百均クッションブラシを使うと
髪全体に手早く液が浸透するので、お勧めです。
関連記事

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ