「B型の主な特徴」~サイトからの再掲載など、キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

「B型の主な特徴」~サイトからの再掲載

サイトの方でもメイン記事にあたる「各血液型の特徴」です。
元は、同一ページ内に4つの血液型全部を記述しておりましたが、
長くなるので、こちらでは個別に分けて掲載します。
(O型、A型の次はB型です)

以下、例によって断り書きです。(笑)

ここに書かれております特徴は、あくまで平均的なもので、
同じ血液型だからといって、必ずしも皆にそのまんま当てはまる
ものではありません。

より深く個人を知ろうと思ったら、生年月日とか、家庭環境とか、
血液型以外の様々な要素も考慮して、総合的に判断する必要があり
ます。

その点はくれぐれも誤解のないよう、お願いいたします。<(_ _)>
≪↓↓↓≫

ひと口に血液型分析といっても、いろんな見方がありますけど、
当方では遺伝子型というか、保有因子による違いとして、
O型(O+O)、A型(A+O)、B型(B+O)、
AB型(A+B)という解釈をしています。

つまり、「B型は、O因子とは別にB因子をも保有している」
しかもO因子よりもB因子の方が優勢で表に出やすいということで、
O型らしさもあるけれど、それらを覆い隠すほどのB型的なこだわり
(主に感性からくるもの)を持っていることが一番の特徴といえます。


************ サイトからの引用ここから ************
ketsuekigata_b.png


B型=だいたいにおいて、ほとんどがA型と正反対。
A型と対照的に論理を超越した感覚派で、気を内側に向けている
緻密さとこだわりに費やすエネルギー、その傾倒具合はA型と大差ない
感じだが、方向性がまったく逆なのである。
好奇心、探究心が強く、いったん凝り始めると際限がなく、時には寝食
さえ忘れて没頭することも。
あくまで内面的なこだわりなので外からは窺い知ることが難しく、
他人からは神経質どころか、かえってルーズに見られることが多い。

どうもB型はAB型に次いで、保身意識が乏しく、打算や名誉欲などを
抜きにして、内なる感性のまま、何事も純粋な姿勢で取り組む傾向が強い。
同時にO型的パワー=好奇心・探究心の強さと相まって、学術や芸術・
スポーツなどの分野で並々ならぬ優秀さを発揮することが多い。

B型ならではの無欲なしたたかさの賜物といったところか。(ただあくまで
感覚派のため、どこでどういう対象に向かって、好奇心のスイッチがONに
なるかは、神のみぞ知る‥といった感じ)

またB型は自由主義者で自身の行動を束縛されたり、干渉されるのを
ひどく嫌う。故に他人に対しても相手の自由意思を尊重し、相手の自由
を侵害しないように気遣う
。世話好きでともすれば過保護、過干渉になり
がちなA型の気遣いとはまったく逆で、B型の場合は放任主義で、できる
だけ干渉しないことが相手への好意の表れ
に他ならない。

だがかなり重度の照れ屋が多く、アマノジャクの傾向もある為、B型
の好意はなかなか伝わり難いようだ。AB型もそうだが、B型気質は
独自のひねりを加えた表現を好むらしく、額面どうりに受け止めると
かえって混乱を招く恐れがある。からかいや嫌味がまさかの愛情表現
あったりするので、特になんでも率直に受け止めるO型は注意が必要。

“他人を傷つけることに敏感なのがA型で、自分が傷つくことにより
敏感なのがB型”いう説を(これは能見先生の著作ではないです)前に
どこかで聞いたけれど、常に気を内側に向けているB型はあまりにも
深く傷つきすぎてしまうと特にその傾向が強まり、自分の傷しか見ない
状態になりがちなので、ことさらそういう風に見られるのだと思う。
特により感情的になりがちな“一部のB型女性”には、自分の中に深く
入りすぎてしまって、周りや他人への配慮が著しく欠けてしまい、
結果としてますます自分の評価を落とすような言動に走りかねない、
そういう危うさが見うけられる。

もとよりB型はお人好しで、保身も下手だし、感情の抑制にしろA型の
足元にも及ばない感じだ。理屈っぽいので割と理性派に見られがちだが、
実はこちらが感性の人なのである。実際、感情コントロールが一番下手
で、悪気はないものの、周りの人間をも何かとトラブルに巻き込みがち。
B型でも相当な理性派はこの限りではないけれど、恋に落ちるとさらに
その傾向が強まるので、注意した方がいいかも。


************ 引用ここまで ************


よくB型のことを自己チュウとか、我儘だとか書いてあるみたいですけど、
それは多数派のA型主観での話であって、B型的には、あくまで自由意思
を通してよい場面では、終始マイペースを貫いているだけの話だと思います。

どちらかというと、A型の方が周りへ気を遣い過ぎるあまり、自分カラーを
抑え過ぎているから、余計にB型の言動ばかりが人目を引くことになって
いる気がしますね。

ことさらに常識の枠内に収まろうとするA型と、規制の枠などまるで意に
介さないB型。O型から見れば、どっちもどっちで、もう少しほどほどの
選択肢はないのかなって感じです。(^^;

※その後、研究を重ね完成させたのが、あまね式の2つの分類法です。
その視点で書かれたB型に関する最新記事がこちらになります。

血液型占星術 表紙

★私が出版した本です。まったく新しい血液型の定義・新機軸を
初公開♪ 占星術の論理で、すっきりわかりやすく説明してます。
関連記事

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ