キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

特にO型の人向けと思える「共鳴の法則」

少し改訂 6/15 22:00
遅ればせながら、先だってわざわざ拍手ボタンを押してくださった
方々、どうも有難うございました。(^人^)感謝♪
久しぶりに書いたので、早速拍手して頂けてホント嬉しかったです。


少し前にチョプラ氏の本に会い、ポノポノに出会った後も、開運に
まつわる書籍、浄化の本とか、いろいろ読んでたんですけど‥。

・・なんていうんでしょう・・。
やっぱり、今の現代社会の便利さに慣れすぎた人間のサガって
いうんでしょうか。
ついつい「もっとラクな方法はないかな・・」とか、なるべく物心
両面で、豊かになれる書籍をせっせと漁っていたのです。(^^;


それで、特に決定的だったのが、今年の2月頃に出会った
ピエール・フランク氏の~宇宙に気軽にお願いする法~
同シリーズの第4弾、「共鳴の法則」ですね。

この本はなんといっても、これまで引き寄せの法則とか、いろんな
成功本を実際に試してみて上手くいかなかった人向け
です。

なぜ、上手くいかないのか、その理由をけっこう納得できる
カタチで説明してある
からです。

失敗例の1つとして、とても参考になったのが、読者からの体験談
で、旅行した際、わざわざ多大なエネルギーを使って盗難保険に
入ったら、自分達だけ盗難被害に遭ってしまったという例。

変に取り越し苦労しすぎると、かえって災難を引き寄せてしまう
ことを証明した例だと思います。

またこの本では、人間には、受信機能より発信機能の方がより
大きく作用しているらしいこと。人が放つ想念~特に脳ではなく、
心臓が放つエネルギーフィールドについて、いろいろ興味深い
説明がなされています。

脳(思考)より心臓(感情)がより大きな働きを為しているという
~この点が特に重要であり、成功を左右する鍵でもあります。


第1弾から第3弾まででは、ご本人並びに読者から寄せられた様々な
失敗例も含む実体験の数々の紹介とアドバイスが主な内容でしたが、
第4弾となる本書においては、右脳派だけでなく、左脳派の人でも
そこそこ納得できるよう、あれこれ科学的な実験結果などを持ち込ん
で、説明を駆使してあるところがとても親切なんですね。

なにしろO型人間で、基本ロマンと現実の2本立て。
星座的にもロマン派の魚座と現実派の山羊座という、ニ面性を
備える私には、とても有難い内容でした。(^^)


6/1のブログ記事でも説明してますけど、いわゆる自力門~自分で
自分を救えるだけの知性や能力を持つ人、積み上げてきた知識の高さ
(=この世的な常識)ゆえに論理で納得できないと受け入れられない
と感じる人には、この本ならではの解説がいいんじゃないかと思います。


本当にきわめて理性的で、3次元的な常識に強く縛られている人ほど、
無意識のうちにちっぽけな人間心でもって、自分にはここまでしか
できないと勝手に限界を設定してしまっているものでして。

宇宙を味方につけ、天からの無限大のギフトを受け取りたいと思う
のであれば、自己限定の枠を取り払い、自分の魂の奥深くに眠る、
宇宙と同じ高次の部分を目覚めさせ、自分から天に近づくしかあり
ません。自分の波動を意識して引き上げるのです。

(阿部敏郎氏もその著書の中で「瞑想で宇宙とより強くつながる」
 ことを願望実現法として書かれています)

間違っても、相手(宇宙)を自分と同じ地点にまで引き摺り下ろ
そうとか考えない方がいいです。
自分から登ろうとせずに、相手を自分の元へ引き摺り下ろす方へと
考えを向けてしまうと、結果として、あまりよろしくないものを
引き寄せかねないことになると思います。
(主観=心のありようを後回しにして、先に実利のみを追い求めて
しまうと、そういう弊害も起こりうるということです)



ちなみに私は初めてこの本でこの著者のことを知り、その後、
第1弾と第2弾の本をも併せて購入し、本に書いてあるとうり、
自分なりにしっくりくるお願い言葉を記入したボードを枕元に置き、
なるべく朝イチで声に出して、読むなどしたところ、ひと月も
経たないうちに願いの1つが叶ってしまいました。


私が書いた文面はこうです。(^^)
≪私はあらゆる身体の不調から解放され、どんどん健康になります≫

当初は、「私はとても健康で豊かで幸せです」とか書いていたんです
けど、どうも嘘っぽいな・・と思い、いろいろ考えた末、これに
落ち着きました。


その後、地元紙の情報誌の広告→ネットで検索→たまたま発見した
口コミで評判の治療所へ通ったところ、劇的に良くなりました。

ここ数年悩みの種だったバイクの運転中、時々発作のように起きて
いた股関節の激痛がかなり軽減したのが有難いです。

バスも通わない田舎ゆえ、通勤不可能になったらマジ困るところ
だったんで大助かりです。(^^)


3次元的、物質的な豊かさを享受したい方、ぜひとも叶えたい願いの
ある方にぜひお勧めします。

雲黒斎さん&阿部敏郎さんの本と「ホ・オポノポノ」について。

最近読んだ本について書こうと思います。

理論か感性か、自力門でいくか他力門でいくかって話なんですけど。
(先日の5/27の記事と連動している部分が多少あるかも)

まず、雲黒斎さんの 「あの世に聞いた、この世の仕組み 」という
本を読み、彼を通じて、“いまここ塾”の主催者:阿部敏郎さんと
いう方を知りました。

悟り‥主観を変えると人生楽になる‥みたいな、禅宗系の本です。

少々難しい理屈でも十分理解可能な知性をお持ちの方で、だからこそ
まず何事も論理で納得しないと受け入れられないタイプの方向けの、
スピリチュアル解説書となってます。

かの「オーラの泉」の江原さんと美輪さんよりは、お二人ともずっと
お若いけれど、年齢差といい、関係性としては、ちょうどあのお二人
のような感じがしました。
(まだまだ自信のなさ=腰の低さが不思議なユーモラスさと親しみ
感じさせる雲さんと、その道○○年、相当に揺らがない境地にまで
いっておられて、気負いのない文面が魅力的な阿部さん‥どちらも
内容的には申し分ないです)


浄土宗など仏教の中でも他力門にあたる教えに対し、禅宗は自力門
といいまして、文字どうり自分で自分を救えるだけの知性や能力を
持った人向けの教えです。(もちろん、お二人ともそれぞれの知力
を総動員して、誰にでもわかりやすい内容に努めておられます)

非常にわかりやすい喩えとかを用いて説明してあります。
自分は論理派にあたる・・と思っている方向けです。

まず雲さんの本を読めば、表題どおりにこの世とあの世のことが
論理的に腑に落ちてくるし、続けて阿部さんの本「いまここ―すべて
がうまく流れ出す宇宙の絶対ルール 」を読むと、瞑想を使った
願望実現法のやり方などが、かなり具体的に書いてあるので、
理解し納得できたら、ぜひ実践されることをお勧めします。

本当に・・物事を究める脳をもつ男性向けといってもいいかな。
そしてやや、この世的欲望の薄い方向きといえるかもしれません。

魂は永遠でもこの世で使える時間は限られているので、自分が
どのタイプに属するか見極めてから動いた方が賢明でしょう。


「自分はあいにくと理論派でなく感覚派だ、難しい理屈なんて
つきあいきれない」といった方には、ヒューレン博士の推奨される、
ハワイに伝わる癒しの秘法~「ホ・オポノポノ」をお勧めします。
(これの詳細についてはウィキペディア等を参照ください)

こちらは他力門といっていいのじゃないかなって思います。
やり方はカンタンですし、難しい理屈はいらないし、ただ信じて
実行するだけ。素直に宇宙を信じればいいんです。

自分自身にプラスの言霊シャワーを浴びせ続ける→
それで自分と周辺の浄化というか、
博士の言葉によるとクリーニング、ひたすらクリーニングするだけ。


ただ、基本のお約束として、~すべては自己責任である~
であるからこそ、クリーニングするのだという認識が必要なのだそう。

この自己責任と主張しているあたりが・・たぶん、雲さんの本にある
この世を学校とするならの喩えでいくと、生徒として自分をより成長
させるにはいくつかの課題に取り組むことが必要不可欠で。

とりあえず、逃げてません。先送りにもしてません。
真面目に課題に取り組んでます。というスタンスを示す→
ポノポノでいうところの自己責任なのかな。

宇宙は、真面目に課題に取り組む姿勢を見せている人に対し、
いろんなカタチで援助してくれる→

ポノポノでいうところの自己責任であることを認め、
クリーニングを実践する→

クリーニングが進むにつれ、あらゆる問題が驚くほどスムーズに
解決に向かう・・という図式になるのだと思う。


特に女性の場合は、男性よりは、どうしても日々の中で、家事労働、
買い物、育児、おしゃれに至るまで、何かと3次元の肉体保持の
ためのメンテナンスに時間を奪われがちですからね。

男性よりは感覚的にこの世に傾きがちになると思うので、難しい
理論は置いといて、他力門っていうか、最初から宇宙を信頼し、
問題解決の大部分はお任せ&お願い致しますの姿勢で、ひたすら
自己浄化&癒しのポノポノが向いているかも。

ことさらに日本語の神秘、言霊の威力を信じる方はぜひ。

そういえば、先だって、雑誌の付録でヒューレン博士のDVDを
見ましたけど、とても飾らない、淡々としたお人柄に感動しました。

お金もかかりませんし、信じられるって方は、実践あるのみですよ。

さらに、このあとO型向きといえる「宇宙に上手にお願いする法」
の感想に続く予定。

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ