キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

栗本薫(中島梓)さんの魅力を語る。

それでは、栗本さんの魅力について、つらつらと語ってゆきたいと
思います。

ええと、彼女が水瓶座のB型であることは、早くから知っており
ました。

デビュー当初の経歴からして、いかにも天才を多く出す水瓶座&
凝り性のB型キャラだと思い。
その後、生年月日から水星が魚座と知って、ますます海王星の影響
=夢想と混沌を紡ぎだす人というイメージが強くなり。

今回、ホロスコープを拝見して、太陽・水星が合。
さらに海王星&土星がダブル状態で、太陽と120度と知って、
なおさら納得した次第です。

海王星の夢想と土星のリアル志向が、創造と主体性を促す太陽に
絶妙な角度で働きかけていた訳ですね。(ちなみに海王星は美意識の
強い天秤座。どうりで洗練された美意識の権化・歩く芸術品キャラの
ナリスさまの存在にも納得。また、基本文字だけの世界でありながら、
数多くの色彩感覚で溢れていたのも天秤座の影響らしい)

しかもどうやら彼女の創造の泉は、ヤヌスの神殿だかミロク教の聖堂
だかのすぐ隣りに湧き出ていたらしい。
グィンのような超堅物で大真面目、謙虚で誠実な彼もまた、まぎれも
なく彼女の一部だったと知ってビックリ。

あとやっぱり無視できないのが獅子座冥王星と水瓶座太陽との180度。
某占術書によると、太陽の活動力を冥王星が限界量を超えてヒート
アップさせるため、ほどほどさがない。無理をしすぎ。妥協のでき
ない人生・・などなど、いかにも納得なことが。

冥王星は狂おしい情熱と妄執の星。それが太陽へ影響することで、
尋常でない執筆量(「グィン・サーガ」以外にもミステリー、SF、
時代もの、評論など)と精力的な活動(ライブ活動や舞台演出など)
を支えてきたのでしょう。

ハードアスペクトという試練が本人を成長させ、栄光へ押し上げた
ケースといえるかもしれません。
ただ一方で、180度の綱引き状態、互いに頑固な不動宮同士(水瓶座
・獅子座)ゆえの不器用さなど、見えない精神的プレッシャーと
なった面も少なくなかったようです。≪↓↓↓≫


栗本薫(中島梓)さんの魅力を語る・・予定。

昨日、久しぶりに記事を書いたら、かなりの数のアクセスがあり、
栗本さんの存在の大きさを改めて実感しています。
わざわざご訪問くださった方、本当に有難うございます。<(_ _)>
(最初の文は、少々改訂済みです)

そういえばO型サイトをやってた頃は、Yahooに登録してもらった
お陰で、多い時で連日1万近くのアクセスがあったっけ‥。
とにかく‥一時でもそういう結果を出せるまでに今日の自分を
育ててくれたことには少なからず、彼女の影響があると思う。

本当に栗本さんには、いろんなことを学ばせてもらったことだし、
多大な恩を感じているので、この機にちゃんと彼女のことを書いて
おきたいんですね。

まあ、O型人間ですから、丁寧に細かくじゃなしに、おおまかに
私的に思う“核心”についてだけになるだろうけど・・。(^^;


栗本さんのことは、著作で生年月日を知って以来、何物にも束縛
されない独創的で自由な空の知性(太陽:水瓶座)と、幻想と混沌
&清濁併せ呑む懐の深い海の感性(水星:魚座)の方だとずっと
思っていました。
占星術的には、天王星・海王星の影響の強い方かな~と・・。
(実際にホロスコープを拝見したら、さらにぶっとびの事実が!)

それで、前述した彼女の持つ毒の正体っていうか、栗本作品の
元となった原風景についても語ろうと思います。

彼女の人間観。おそらくは、作品を通して訴えたかった思いの
あれこれとか。

ただ、なにぶんカメ並みにトロいし、体力ないけど仕事はあるわで、
まとめるのにもうしばらく時間がかかりそうです。(^^;

栗本薫さん死去。

つい先日、作家の栗本薫さんがガン闘病の末、惜しくも死去された。
享年56歳。早すぎる死だった。

日本初の大長編ヒロイック・ファンタジー「グィン・サーガ」の
作者であると同時に、評論家・中島梓という2つのぺンネームを
使い分け、様々なジャンルで精力的に執筆活動をされていた。

特に「グィン・サーガ」とは、学生時代に出会って以来、延々と
付き合い続けて30年近く。
既刊は本編だけでも125巻を越え、外伝もあわせると相当数に
なる。
思想的にもひとかたならぬ影響を受けてきただけに、訃報を知った
ときの衝撃と脱力感ときたら・・。

その日の仕事を終えて、帰宅後自宅の仏壇に向かい、これまでの
感謝を胸にささやかな読経を捧げていたら、涙と共にしみじみ
込み上げてくるものが・・。

私は割り合いズボラで根性なしで、何かに熱中しても、あまり
長続きするものの少ない人間なのだけれども。
彼女の作品、特に「グィン・サーガ」には、そんな人間でさえ
長年虜にするような魅力がありまして。

某社のスナック菓子じゃないけど、一度手をつけたら、やめられ
ない止まらない! どこまでも読者をひきつけてやまない物凄い
吸引力。 
10巻、20巻と読み続けていくうちに、いつしかどこでも手にとって
無造作に開いたページから、すっとストーリィに入ってゆけるまで
になっておりました。

本当に、栗本さんの作品のイメージとしては「何でもごった煮の
闇鍋風」かな?

スケールの大きな水瓶座的人類愛をベースに、独特の知性と感性
の輝きの中に、読む人を良くも悪くもどっぷりと中毒にするような
強烈な毒気が確かにあって・・。

何も彼女に限ったことじゃなく、ある種の毒を売り物にしてる
作家さんは別に珍しくもないとは思うけど。
ただ特に彼女の場合、そうしたアクの強さを抜きにしては、語れ
ない作家さんだったかな?

彼女の壮大にして緻密、卓越した圧倒的描写力は数多くの魅力的な
キャラクターを生み出すに至り、その為か、重度の中毒患者に
なりはてた熱狂的な一部のファンの心ない所業が、ついには彼女の
人格を酷く傷つけ、その寿命を著しく縮める結果になってしまっ
たんじゃないかと思うとこれまた非常に残念でならない。
(この件に関する詳細は、当時のグィンの後書きに書かれている)

とにもかくにも、百巻を超える物語なんて、国内はもとより、世界
にもそうあるものじゃないし。作家として、紛れもなく前人未到の
領域に達していたのは確かで。
そのうち野球界のイチロー並みに世界にも名前が知れ渡って、この
不況の最中、もっと日本経済に寄与する存在にもなれただろうに・・。

世界のほんの一握りの存在。ある種の天才達が生み出す経済効果
(一般民衆に還元される豊かさ)は計り知れないものがあるとか、
以前何かのメディアで言っていた気がするけど。

う~ん・・不謹慎ながら、こんな時でもついお金方面に思考が走って
しまうのは、やっぱO型のせい?(苦笑)
なにせ、ビンボーなO型の何割かは“もったいない精神”で
できているから‥。(^^;

その後、Web上で彼女のホロスコープを眺めて、初めて諸々の
アスペクトなどを知ったので。
改めていろいろと見えてきたものもあったので、星座と血液型も
絡めて追悼文として、できれば私なりの見解を書き出そうと思う。
(という訳で、近日中につづきを書く予定・・)


※そういえば、つい先日も勝間和代さん訳の天才に関する本を
購入したばかり。
どうすれば、この国で生まれた才能を無駄にすることなく、もっと
この国を豊かにしてゆけるのか?
皆で豊かさを享受するために、私達は真剣に考える必要があると
思う。

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ