キンドルより感謝価格(398円)にて、電子書籍発売中♪

AB型自分の説明書

AB型自分の説明書

このところ、大ブレイク中の血液型本・第3弾です。
(ちなみに地元のブックスランキングでは、1~3位を全てこの方
の血液型本が占めていました)

表紙を見た瞬間から、おもわず笑っちゃいました。
ホントに独特のユーモアたっぷりな語り口は相も変わらずで、
面白いです。

えっと、個人的に太陽魚座で、月が双子座の人間としては、
魚座、双子座に共通する部分は確かに、自分にもあてはまるかも・・
とか思っちゃいましたね。

特に「かくれんぼの途中でそのまま帰ったことがある・・」
なんて、確かにあるある♪って感じ。(^^;
もちろん、はるか昔の子供時代の話ですが。(笑)

私的に言うと、風の星座とか、柔軟宮の星座などは割り合い、
AB型に近いような気がします。

あと、最後の方の童話の主人公達がAB型だったら・・っていうのも
笑えます。「シンデレラ」と「マッチ売りの少女」など、かなりツボ
にきたって感じ。
この童話編は、他の血液型と比べてみると、より違いがわかって
面白かったりして。

とにかく、AB型は日本人の中では、かなりの少数派だし。
「なかなか実際に付き合ったことがない=いまいち不可解なタイプ」
の確率も高そうなので、「AB型って、???」な人達には、
この本の自分視点な内容がお役に立つかもしれません。(笑)

朝バナナダイエット



先日、書店で目に付いて、つい手にとってみた本。

「朝食だけを水とバナナに変える」
それだけで、やせたという作者の実体験を元に、その方法について、
あれこれ紹介してある本です。

ちなみに、バナナの本数、量は好きなだけ、食べていいそうです。

パラパラと流し読んでみたら、この方法を勧める根拠が、ちゃんと
わかりやすい形で書いてありました。

それと、ミ○シィにおいて、作者が立ち上げたコミュニティがあり、
そこでも数多くの体験談が寄せられているそうです。
ネットを使って、実証しているあたりが今風ですね。


実は私自身、1ヶ月ぐらい前から、朝食をバナナに切り替えていた
という事情もあり、余計興味がわいてしまったもので。(笑)

少し前に、ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエットを読んだところ、
どうもO型には小麦類=パン、麺、パスタ類との相性があまり良く
ないと書いてあったので。
それ以降、パンをやめて、バナナに移行した訳なんですね。

当初は、おなかもややビックリって感じでしたけど・・。
O型の場合、慣れです。慣れ! 
慣らしてしまえば、あとはどうってことないようで。(笑)

ダダモ博士の本は、ずっとダイエット専用本だと思ってましたが、
体質別に相性の良い食べ物、良くない食べ物を紹介してあるので、
食生活から体調や健康を見直してみたい人向きです。
考え方としては、アーユルヴェーダと大差ないと思います。

私の場合、パンも麺類も好きなことには変わりないので、どうしても
食べたくなったときには、時々食べてますけど。
無理に我慢しすぎて、ストレス溜め込んでしまったら、かえって
それも良くないですからね。(^^;

しっかしなんか、ますますバナナ党になっちゃいそうです。(^^)

日本人の脳と血液型のヒミツ

日本人の脳と血液型のヒミツ

同じように脳と血液型を関連付けている内容は他にもあるけれど、
これはまったく新しい切り口になっており、かなり興味深いです。

なんといっても、従来の能見氏による血液型諸説をほぼ裏付ける
ような内容となっているので、私個人としては、こちらの方が
とてもわかりやすく感じました。

また、特筆すべきなのが、近年脚光を浴びているインドの医学
アーユルヴェーダとの共通項を見い出している点ですね。
アーユルヴェーダの代表的な体質とされる「ピッタ・カパ・ヴァ
ーダ」がそれぞれ主な血液型の特徴に酷似しているようなのです。
単なる偶然とするにはあまりに共通点が多すぎますし。

5千年も昔から連綿と受け継がれてきたものが、ここまで各血液型
の特徴を見事に捉えているという事実に本当に驚いてしまいます。

そうして、語られている新たな血液型の解釈は、実に壮大で、脳と
各民族の特性、これまでの歴史や世界地図にまで及びます。

作者によると、日本人は右脳優位のBA型タイプだそうです。
左脳優位のAB型ではなく、あくまで≪右脳優位のBA型タイプ≫
と述べているところに注目してほしいです。

スポンサードリンク

Copyright © 「血液型フュージョンメソッド」~あまね式サンサターン分類~ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]ブログパー

ツ